東海バス「庭巡りバス」受入れ要領 (バス巡回対象庭の条件)

東海バス「庭巡りバス」受入れ要領
(バス巡回対象庭の条件)
2009・6

 

1.「伊豆オープンガーデン庭巡りバス」は、伊豆ガーデニングクラブ(以下:IGC)の協力の下に東海バストラベル=東海自動車(以下:東海バス)が企画・募集・実施するものである。
使用するバスは各庭の実情に鑑み30人乗り以下(以下:マイクロバス)とする。

2.「伊豆オープンガーデン庭巡りバス」の実施にあたり、東海バスは次の責務を負う。
  1)東海バスは企画旅行の実施会社として充分な活動を行う
  2)東海バスは毎回のツアーの実施の有無、参加客の人数を、IGCのガイドおよびTEAS庭にあらかじめ連絡する

3.「伊豆オープンガーデン庭巡りバス」の実施にあたり、IGCは東海バスに対して次の協力を行う。
  1)「庭巡りバス」巡回庭の提案
  2)「庭巡りバス」巡回に際し、案内役(ガイド)の派遣
  3)可能な場合、TEAS(茶菓)の提供
  4)IGCとしての広報活動

4.前項の協力に対し、東海バスはIGCに次の支払いを行う。
  1)調整手数料 300円/1人
  2)ガイド料 4000円/1台
  3)TEAS 400円/1人

5.対象庭の条件
  1)マイクロバス乗入れ可能な道路と駐停車場所があること   下車から庭まで大よそ100m以内
  2)20人が同時に入れる庭の広さがあり、訪問客が20分以上鑑賞出来る庭であること 
  3)庭内の施設や園路に安全への配慮がなされていること
  4)東海バスが企画する巡回コースの範囲内にあること
  5)東海バスが有料客を案内するのに適当と認めたところ
  6)新たにバス巡回対象庭になる場合、東海バスおよびOG部会幹事が事前にチェックする
 

6.対象庭の努力義務
  1)バス巡回はあらかじめ日程が決まっているので、当日は庭主は在宅すること
    ただし緊急に不在となる場合、巡回コースは変えられないのでガイドに説明を依頼する
  2)庭主はバス客を迎えて挨拶し、庭内を案内する
  3)客の目が肥え、リピーターも増えているので、庭のレベル向上に努力する